So-net無料ブログ作成
検索選択

組島流 キャッチャー育成パッケージ [野球]




ピッチャーがいいだけでは勝てない、打たれてしまう、
その原因とは?

キャッチャー育成法を取り入れると、
キャッチャーのインサイドワークが変わる、
チームが変わる、失点が激減する。守備の
要であるキャッチャーのインサイドワーク、
守備力がアップすれば、チームは勝てるチームに
激変します。

長年日本代表チームの捕手として活躍後、
日本リーグの監督として選手指導をされてきた
組島千登美氏の理論をご紹介します。


もっと詳しく知りたい方は
↓↓↓↓↓↓
組島流 キャッチャー育成パッケージ の詳細ページへ


--------------------------------------------------

当サイトは最新の情報をご提供しておりますが、
期間限定を含めた販売の終了や売り切れ、
価格が変更になる場合もございます。
その節は何卒ご容赦ください。



【今、人気のE-BOOK


名門校が実践する!シングルス基本練習プログラム ~勝利に向かって、自ら考え工夫し行動するために~

少年野球 バッティング あの愛甲猛が教える少年野球のバッティングを上達させる指導法

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したスポーツメンタル強化の専門書。心と脳に秘められた潜在能力を解き放つ「SSPメンタル強化プログラム」

組島流 キャッチャー育成パッケージ


『長崎慶一打撃講座 高弾道打撃術』 ~お子さんのバッティングを激変させる、6つの法則~ 【NK0001】 [野球]

『長崎慶一打撃講座 高弾道打撃術』 ~お子さんのバッティングを激変させる、6つの法則~ 【NK0001】

ボテボテのゴロが悩みだった11歳の少年が、
わずか4分でレベルスイングを使って長打が
打てるようになるなんて…

まだ力の弱い少年でも、まだ指導力に自信が持てなくても…

1982年セリーグ首位打者元阪神タイガース打撃コーチ
元シドニーオリンピック日本代表打撃コーチをつとめた長崎慶一が、

満を持してお送りする わずか4分で、
長打を生み出すプロのような美しいレベルスイングを無理せず、
カンタンに、楽しみながら身につけることが出来る上達法があります。


もっと詳しく知りたい方は
↓↓↓↓↓↓
【『長崎慶一打撃講座 高弾道打撃術』 ~お子さんのバッティングを激変させる、6つの法則~ 【NK0001】】の詳細ページへ


上記の商品はe-bookでの販売になります。
ダウンロード版または冊子郵送版でお受け取りが可能です。
詳細は販売サイトでお確かめください。


--------------------------------------------------

当サイトは最新の情報を提供いたしておりますが、
期間限定を含めた販売の終了や売り切れ、
価格が変更になる場合もございます。
その節は何卒ご容赦ください。








『長崎慶一打撃講座 高弾道打撃術』 ~お子さんのバッティングを激変させる、6つの法則~ 【NK0001】

ピッチング専門トレーナーが書いた「野球肩の予防と改善」 [野球]

小澤式は、幅広い分野から野球肩を分析しています。


カイロプラクティックや整体、リハビリで使われるテクニックなどの、一時的ではなく根本的な改善を目指すコンディショニング。


そして投球動作を正しく起こし、肩関節を保護するために必要なトレーニング。


これらを取り入れ、さらに自宅で出来る11種類のアプローチにまとめました。


さらに本書では身体構造など理論的な部分を学ぶことが出来、選手が自らの理解によってコンディションを整えられるよう構成されています。




詳しくは⇒ピッチング専門トレーナーが書いた「野球肩の予防と改善」













E-BOOKMART

【少年野球~社会人野球】 ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム [野球]

確かに球速をアップさせるには、筋力トレーニングも必要です。

しかし、必要な筋肉を必要なだけつけることが重要になってきます。

不要な筋肉をつけることで、筋肉ダルマのようになってしまい、
ピッチャーとして必要な柔軟性が失われてしまうと、
球速がアップするどころか、逆に球速がダウンするという結果
になってしまいます。

あなたも、こんな気持ちになったことはないでしょうか。

また、筋力トレーニングは筋肉がついて効果がでてくるまで、
時間がかかります。
筋肉がついてからはいいのですが、それまでは変化がないため、
球速がアップしてくるまでの何ヶ月かは、我慢の日々が続きます。

よって、球速をアップさせるのに、筋トレが最も効果的とは
一概には言えません。

「じゃあ、どうすればいいんですか?」

はい。

そんなあなたのために、少年野球から社会人野球まで、
誰でも実践できて、すぐに球速がアップできるように、
簡単な球速アッププログラムを組みました。

それを、実践することで、
あなたも簡単に球速をアップさせることが可能です。

「じゃあ、具体的にどうすればいいんですか?」




詳しくは⇒⇒⇒⇒⇒【少年野球~社会人野球】 ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム






野球,少年野球,高校野球,ピッチング,エース,ピッチャー,投球,フォーム

『ピッチャー脳』をつくる [野球]

あなたはピッチングのテクニックにばかり気をとられてていませんか?

心と体の両方を強くしてはじめて本来の実力をだせるんです。

『ピッチャー脳』をつくれば、あなたは最高のピッチングができます。


詳しくは⇒⇒⇒『ピッチャー脳』をつくる












ピッチャー脳

キッズベースボールドリームナビ~現役少年野球監督だけが知るバッティング術~ [野球]

たった“3つのバッティング動作”を
1日20分コーチするだけで、
わが子がウソのように
ヒットを打ちまくった!
打率1割からなんと5割3分へ!


詳しくは⇒⇒⇒キッズベースボールドリームナビ~現役少年野球監督だけが知るバッティング術~








少年野球指導コーチ法練習方法







元ソフトバンクホークス一軍走塁コーチ島田誠式少年野球走塁・盗塁テクニック [野球]

走塁練習をしっかりやらずに
お子さんを将来プロ野球選手にしたいなんて甘い考えは今すぐ
捨てて下さい!



少年野球をやっているお子さんを持つお父さん


あなたのお子さんを将来、プロ野球で活躍するような、



走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?

もしそのようにお考えであれば、あなたは今すぐ「走塁」に対する意識を

変えなければならないでしょう。



詳しくは⇒⇒⇒元ソフトバンクホークス一軍走塁コーチ島田誠式少年野球走塁・盗塁テクニック











選手がグングン成長する奇跡の投手育成法 [野球]

お父さんのための野球教室~選手達がグングン成長する
奇跡の投手育成法」であなたが知ることができる、
内容の一部をご紹介します。

>>> 球速を上げるための筋力強化ポイントとは?
どこを重点的に鍛えれば球速がアップするのか?
スピードアップするために鍛えなければならない部位と
その理由を誰もが納得できるように解説。


>>> 抜群の制球力を身につけるためには?
投手とはデリケートなもの。コントロールを安定させるために、
安易に投球フォームを変えるのは、非常に危険です。
では、フォームを変えることなく抜群のコントロールを
身につけさせるにはどうすればいいのか?それは・・・。


>>> ボールのキレをだすための練習方法があったなんて!?
「手首を鍛えればボールにキレがでる。」 
いえいえ、もっと簡単な練習方法でボールにキレをだすことが
可能です。
ボールのキレをだすための効果的な練習方法とは?


>>> 投球の「タメ」を作る練習方法とは?
野球の指導や解説の中でよく耳にする「タメ」について。
「タメ」について、具体的な指導法や考え方を書いた
書籍はありません。
この「タメ」についてキッチリ指導できれば抜群の制球力を
身にけることができます。
投球の「タメ」っていったいなんなんだ!?という疑問を
徹底的に解明します!


>>> なぜ、ひじが下がってしまうのだろう?
声を大にして言いたいことは、絶対に腕を無理矢理に矯正しないこと。
ではどのようにして、「ひじが下がるクセ」を治すことが
できるのでしょう?
「ひじが下がる理由」と「ひじが下がるクセ」を治す具体的な
方法とは?


>>> 選手にひじ・肩の故障が多いのは、なぜ?
ひじ・肩のケアは非常に大切です。どこをどのようにケアをすれば
いいのか?
細部にわたって「ひじ・肩のケア」について解説。「投球後、
とにかく冷やせばいいんだろ。」そう思ってはいませんか?
そんなあなたに是非、ご覧いただきたい内容です。


もう、投球フォームの指導で悩む必要はありません。

野球経験のないお父さんにも、実際に映像で投球フォームを
ご覧いただくことで、速い球を正確に投げるためのフォーム作りを
理解していただくことがでるからです。



>>>選手がグングン成長する奇跡の投手育成法






>>>Landmark infomap 1<<<


>>>Landmark infomap 2<<<

選手がグングン成長する奇跡の投手育成法 [野球]

お父さんのための野球教室~選手達がグングン成長する
奇跡の投手育成法」であなたが知ることができる、
内容の一部をご紹介します。

>>> 球速を上げるための筋力強化ポイントとは?
どこを重点的に鍛えれば球速がアップするのか?
スピードアップするために鍛えなければならない部位と
その理由を誰もが納得できるように解説。


>>> 抜群の制球力を身につけるためには?
投手とはデリケートなもの。コントロールを安定させるために、
安易に投球フォームを変えるのは、非常に危険です。
では、フォームを変えることなく抜群のコントロールを
身につけさせるにはどうすればいいのか?それは・・・。


>>> ボールのキレをだすための練習方法があったなんて!?
「手首を鍛えればボールにキレがでる。」 
いえいえ、もっと簡単な練習方法でボールにキレをだすことが
可能です。
ボールのキレをだすための効果的な練習方法とは?


>>> 投球の「タメ」を作る練習方法とは?
野球の指導や解説の中でよく耳にする「タメ」について。
「タメ」について、具体的な指導法や考え方を書いた
書籍はありません。
この「タメ」についてキッチリ指導できれば抜群の制球力を
身にけることができます。
投球の「タメ」っていったいなんなんだ!?という疑問を
徹底的に解明します!


>>> なぜ、ひじが下がってしまうのだろう?
声を大にして言いたいことは、絶対に腕を無理矢理に矯正しないこと。
ではどのようにして、「ひじが下がるクセ」を治すことが
できるのでしょう?
「ひじが下がる理由」と「ひじが下がるクセ」を治す具体的な
方法とは?


>>> 選手にひじ・肩の故障が多いのは、なぜ?
ひじ・肩のケアは非常に大切です。どこをどのようにケアをすれば
いいのか?
細部にわたって「ひじ・肩のケア」について解説。「投球後、
とにかく冷やせばいいんだろ。」そう思ってはいませんか?
そんなあなたに是非、ご覧いただきたい内容です。


もう、投球フォームの指導で悩む必要はありません。

野球経験のないお父さんにも、実際に映像で投球フォームを
ご覧いただくことで、速い球を正確に投げるためのフォーム作りを
理解していただくことがでるからです。



>>>選手がグングン成長する奇跡の投手育成法






>>>Landmark infomap 1<<<


>>>Landmark infomap 2<<<
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。