So-net無料ブログ作成

たった1冊の参考書を使って、7日間で奴隷のような社会福祉士の受験勉強から解放される方法 [資格試験]

念願の福祉の仕事にも就くことができて、さらにキャリアアップのため社会福祉士を取ろうと思ったのはいいけど、、
「範囲が広すぎてどこから勉強を初めていいか分からないよ!」
と思ったことはありませんか?

安心してください。それはあなたが悪いのではないのです。

なぜなら、社会福祉士の国家試験は受からせるための試験ではなく、ふるいをかけるための試験だからです!

これは、毎年合格率が殆ど変わっていないことからも、簡単に想像できることです。

では、この膨大な範囲の受験勉強をどうしたらいいのでしょうか?
がむしゃらに過去問題を解けばいいのでしょうか?
たくさんの参考書を買って、できるだけ読んで勉強すればいいのでしょうか?
ただ、ひたすらテキストを読んで地道に勉強するしかないのでしょうか?

もう、あなたはおわかりだと思いますが、そんな必要はないのです。
というか、そのような勉強方法ではいくら時間があっても足らないのです。

では、どのような勉強方法がいいのでしょうか?
それは、受かるための勉強方法を知って、実行するのが最も近道なのです!!





詳しくは>>>たった1冊の参考書を使って、7日間で奴隷のような社会福祉士の受験勉強から解放される方法













e-Book Mart Landmark


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。